競馬を学ぶ!単複で回収率UP!・・・競馬投資学
初めての方でも、現在競馬を楽しんでいる方も、競馬を1から100まで知れるような『競馬』について追求していきたいと思っています。競馬は投資!単複で回収率UPです!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
ホースレーシング
  • ホースレーシング
  • お越しいただきありがとうございます^^
    競馬を学び、単複馬券で回収率UPを目指すための記事を書いています!ぜひご覧下さい!
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
004--単複馬券の危険
1か月ぶりの更新…。
久し振りすぎますね。



前回は、単複馬券の旨みでした。

良いとこどりなので、これで買ってればいいんじゃないの?
みたいな事になってきそうです。







単複馬券に変更してうまくいった事もあれば、
結果的にあまり増えていないなぁ。。。



っという結果になる事がしばしば。
結局3連単の配当を見て元に戻ってしまう…。




私もたまにあります^^;;
反省しないと…。








そうなってしまう原因は何?










っと思いますよね・・・。









そう、単複馬券には危険が潜んでいます。
















それは、『過信』です。







買い方は単複馬券が良いと思い込みすぎてしまうこと。
そして、破滅への道は複勝で当たるだろうという勝手な安心感・・・。







もう1点。
これは当たり前ですが、






『購入した馬が4着以下になってしまうこと』





これはどうしようもない?
まぁそういう結果になってしまった以上、
お金は返ってきませんね。
精神的ダメージも大きいのではないでしょうか。









これが単複馬券の危険。















さて、問題はこの二つをどう対処するかがポイントです。




『過信』、『購入した馬が4着以下になってしまうこと』




そこに競馬収支プラスになる要素が隠されている?














次回はこの続きです^^








スポンサーサイト
【2009/12/06 23:12】 未分類 | TRACKBACK(1) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
003--単複馬券の旨み
前記事からずいぶんと時間が経ってしまいました。。


少しずつですが、まとめていきたいと思っています^^





前回は馬券の種類のお話。


素晴らしい予想でも当たらなければ、「はずれ」と同じです。
予想だけを楽しむという考え方はまた別ですが^^







『枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単』
これらにはある『共通点』があります。

と述べましたが、






その共通点とは、

選ぶ馬は1頭ではなく、2頭以上必要ということ。

つまり、相手が必要という事です。




相手抜けで外したレース。

結果を見ると、

単勝、複勝であんなにつくのか~~~

っと思ったことはありませんか・・・?










単勝、複勝の買い方なら・・・・・?



見えてきたかもしれません。








予想を改める前に買い方を改めれば良い可能性があります。









では、単複馬券だと何がいいのでしょうか?

一つのレースを例にあげてみますか。




2008年のジャパンカップダート。

勝ったのはカネヒキリでした。
私もこの馬買ってました^^

カネヒキリの単勝5000円。複勝5000円
を買っていたとしましょう。

単勝オッズ9.8倍、複勝オッズ3倍
49000円 + 15000円 = 64000円


このレースの3連単の配当は69,460円

3連単を点数少なめで買えていたなら話は別ですが、
100円で点数多めの場合、配当変わりませんね。





これは結果論の話です。

1着入選で当たった時の配当は悪くないはずです。







もちろん1着入選していればいいのですが、
この買い方の特徴とも言えるのは、
仮にカネヒキリが2着もしくは3着の場合です。




単勝馬券は外れますが、複勝的中の場合・・

複勝3倍で15000円。

投資金が返ってきますね。
負けてはいません。
むしろ少し返ってきてますね^^

このレースは複勝つきすぎの感はありますが・・。








だらだらと述べましたが、

複勝馬券は保険が含まれているのです。

『3着以内に入ればいい』


ここまでが簡単にですが、単複馬券の旨みです。








次回は単複馬券の危険なところです。




【2009/11/16 21:39】 未分類 | TRACKBACK(1) | COMMENT(8)
このページの先頭へ
002--馬券の種類、原点はここにある。
初めての馬券。
何気なく買ってしまう単勝馬券。

そこから全ては始まるのかもしれません。






さてさて。

馬の見方は一旦置いておきたいと思います。




まずは馬券の買い方からですね。

競馬(ギャンブル)には『控除率』というものがあります。
 賭けられた金額全体から控除率分の金額を差し引いた残りが賭けの勝者に還元される仕組みになっています。
したがって五分五分の成績であれば、控除率の分だけ損をします。
馬券を買っている時点で『マイナス』である事を意識しなければなりません。
各馬券の控除率も書いていきたいと思います。


馬券の種類



単勝
購入した馬が1着に入選すれば的中です。
控除率は20%です。

複勝
購入した馬が3着までに入選すれば的中です。
結果が1着でも2着でも配当は同じです。
但し、出走馬が7頭以下の場合は2着まで入選しなければなりません。
控除率は単勝と同じく20%です。

枠連
中央競馬は1枠から最大で8枠まであります。
枠連は最大で36通りです。
1着2着に選んだ枠番を持つ馬が入れば的中です。
順不同です。
控除率は25%です。
紛れがある場合でも的中する可能性があるため、
配当金は低いです。

馬連
1着・2着に選んだ馬が入れば的中です。
順不同です。
控除率は25%です。
枠連より高配当が望めます。

馬単
1着の馬、2着の馬が順番通りに入選する必要があります。
控除率は25%です。
馬連以上の高配当が望めます。

ワイド
3着までに選んだ2頭が入れば的中です。
順不同ですので、1着3着、2着3着でもありです。
的中確率上は高いので配当金はいまいちです。
個人的にはこの馬券はなしです。理由はいずれ。
控除率は25%です。

3連複
1着から3着までの馬を選ぶ必要があります。
順不同です。
1番人気が絡むと配当が意外と低いのも特徴です。
爆発的な配当がでることもあります。
控除率は25%です。

3連単
馬単は2頭でしたね。今回は3頭版です。
馬券の種類の中で一番の高配当が期待できます。
その分的中させるのも難しいです。
控除率は25%です。
1000万馬券も夢ではないです。







今から競馬を始める人以外は、
当たり前の事だろ・・と思ったのではないでしょうか。









既に何年も馬券を買い続けている方も原点に戻ってみてください。

大きな的中を狙いたいから、3連単3連複だ!!
と思いがちです。





3連単の頭を決めて・・・
ここは1頭軸マルチで・・・
荒れるから多点数で・・・







考えれば考えるほど多点数になるのが分かります。
そして、固い決着に終わってガミった・・。微プラスだ・・。
なんてこともあると思います。


仮に軸1頭マルチで相手6頭で買うと90点です。
100円で買っても9000円です。


勿論的中される方もいるかと思いますので、
完全否定はできません。
教えていただきたいぐらいです。












『枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単』

これらにはある『共通点』があります。











私もこれらの馬券も買います。
ですが、基本は単複です。
状況に応じた買い方も重要な要素です。









次回、その『共通点』となぜ『単複馬券なのか?』を取り上げます。





【2009/11/06 13:10】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。